ビタミンCサプリとビタミンC誘導体の違いとは

大人ニキビには、ビタミンCの抗酸化力を借りる借りることが改善や予防への近道と言われています。そのため、ニキビを解消するためのビタミンCを含んだサプリメントやビタミンC誘導体を含んだ化粧品が人気です。どちらも効果的にニキビを防ぐことができると考えられていますが、両者の間には作用に違いがあります。

もともとビタミンCは、抗酸化作用が強く美白効果も期待できる成分ですが、サプリメントで摂取した場合、水溶性というその性質から、体内にとどまる時間が非常に短く、尿として排出されてしまうという側面があります。
一方ビタミンC誘導体は、化粧品に含まれる成分で、美白やニキビなどに非常に高い効果があるとして多くのメーカーが採用成分です。

ビタミンCという成分は外用した場合でも非常に不安定で肌に作用させるのが難しい特徴がありますが、ビタミンC誘導体という形に変えることで肌に浸透した後にビタミンCとして作用するというメリットがあります。
そのため、高い抗酸化力が必要な大人ニキビのケアには、よりビタミンC誘導体の作用が効果的と言う事になります。
勿論サプリメントタイプも美白やニキビの予防に効果がありますので、規則正しく定期的に服用することで、肌を美しく保つ効果があります。

誘導体が含まれる化粧品は、そのまま使っても肌への高い浸透力が期待できますが、より効果を高く感じたい場合は、美顔器でのイオン導入をすることで、更に大人ニキビに効果が感じられます。

コメントを残す