知っておくべきコスメ:ビタミンC誘導体について

コスメに含まれている成分で人気を集めているのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを安定化させ、より肌への浸透率をアップさせた成分です。ビタミンCと言うのは、とても強い抗酸化力を持つ成分です。抗酸化力とは活性酸素に対抗する力のことで、活性酸素は過剰に発生すると細胞を酸化させ、あらゆる老化現象を引き起こすと言うことが明らかにされている物質です。

たとえば肌においては、活性酸素により肌弾力を構成している成分がダメージを受けると、たるみなどが引き起こされやすくなります。また活性酸素のダメージから肌を守るためにメラニン色素が活性化すると、それはシミの発生にもつながることが考えられます。ですから肌に対して抗酸化力があるビタミンCを取り入れることはとても良いことなのですが、このビタミンCは、コスメなどに配合するには安定性に欠けると言う性質がありました。

また刺激が強いため、敏感肌の人には使いにくい成分であると言う難点もありました。それをクリアするために、ビタミンCを安定化させ、刺激を最小限にしたうえで肌への浸透率をアップさせたのがビタミンC誘導体と言う具合です。よってビタミンC誘導体が配合されているコスメを利用すれば、より高いビタミンC効果を期待することができ、なおかつ肌への刺激も小さく抑えることが期待できます。

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性、そして両方の性質を持ったものの3種類があります。その中でも特に肌への浸透性を期待できるのは、水溶性と脂溶性、両方の性質を兼ね備えたものです。これはAPPSと呼ばれる成分名で表記されているので、これを目安にコスメを選ぶと良いです。

コメントを残す