肌が老けると目の下のクマが目立ってくる理由

実は、目の下の皮膚は、他の部位の皮膚と比較して3分の1程度と薄いことで、毛細血管の状態が大きく現れる場所だと知られています。目の下のクマは、皮膚の状態と、毛細血管の老化により、現れる場合がほとんどです。

春や秋といった季節の変わり目や気候の変動により、お肌の状態が、お肌トラブルである、シミや乾燥が急激に起きやすくなることを「ゆらぎ肌」の状態にあると呼ばれています。若年層であっても、このゆらぎ肌により、目の下のクマが目立つことがあります。そして、毛細血管は、老化により、どんどん劣化していき、ほとんど連結していない状態にある状態を「ゴースト血管」と呼ばれます。この状態にあると、ゆらぎ肌の状態でなくとも、目の下のクマとして、目立ってきます。

寝不足も皮膚の再生や血行が悪くなる一因としてあげられます。当然、新鮮な血液が送られないため、目の下の毛細血管も同様の状態になります。皮膚の老化でなくとも、一時的であっても、目の下のクマの原因となります。老化や乾燥による皮膚の保湿効果が失われると、皮膚の厚さが、ただでさえ薄い部分であるのに、さらに薄くなるため、毛細血管の老化による、目の下のクマの原因となります。

以上を、まとめると、若年層であっても、一時的な「ゆらぎ肌」、乾燥による皮膚の厚さの減少、毛細血管のダメージ、これに加えて、加齢による皮膚の老化、そして、毛細血管の老化によって、目の下のクマの原因となるのです。

コメントを残す