保湿することで若返りを促進!?

保湿化粧品を使って、若返りを促進しましょう。乾いたティッシュを丸めるとシワが残りますが、濡れたティッシュはシワが残りません。シワが出来る原因は潤い不足です。人と話しをする時には目を見ますが、笑った時に目の下にちりめんシワが出来たり、目じりに烏の足跡ができたり、法令線が深くでたりすると、いっきに印象が老けて見えます。シワをなくして若返りをしましょう。クレンジングはごしごしこするのではなく、たっぷりと手に取りなるべく指が直接肌に触れないように優しく汚れを浮き立たせ流します。洗顔もホイップ状の泡を作り同じく肌に手が触れないように泡で洗う感覚で洗い流します。そして、保湿化粧品を使います。化粧水をたっぷり使って肌を整えます。そっと包み込むように吸収させます。ぱちぱちと叩き込むのはメラニン色素を刺激し、シミの元になるので止めた方が良いでしょう。美容液を付けたら、必ずしっかりと乳液で蓋をします。保湿化粧品は元々保湿をするために作られたものですので、使用後は潤っている状態ですが、そのままですと化粧品の蒸発と共にお肌の水分まで蒸発してしまいます。せっかくの保湿化粧品がもったいないです。必ず乳液で蓋をして、水分の蒸発を防ぎましょう。夜しっかりと保湿すると次の日の朝、お肌が潤っているのが分かります。また、パックなどをご利用の際は必ず時間は守りましょう。必要以上に長時間パックを続けるとパックに含まれる水分が蒸発する時に肌の潤いまで持って行ってしまいます。保湿は肌の若返りにとても有効な方法です。

コメントを残す