いざという時の強い味方!パック:美容液とパックの順番

肌の調子が悪いときなど、いざというときの強い味方でもあるシートパックですが、使い方次第ではさらに効果をアップすることが可能です。

シートパックは基本的には美容液と同じような扱いをしましょう。なのでシートパックをする前にはまずは化粧水でお肌を整えておくことが大切です。
化粧水をつけたあと、シミなどがとくに気になる部分に美白美容液をつけておくこともおすすめです。その上からパックをすることで、ふたをするような形になるので有効成分がシミにじっくりと浸透やすくなります。

シートパックは長時間つけていれば良いというわけではありません。お肌の弱い人は長時間つけているとピリピリしてしまう可能性があります。製品の説明書の時間に合わせてするようにしましょう。だいたい10分から15分程度の製品が多いようです。
化粧水などを使ってローションパックする場合は、乾燥しやすいので季節にもよりますが3分から5分程度を目安にすると良いでしょう。

パックを剥がしたあとは美容液を塗って軽く顔をマッサージしましょう。両手をつかって下から上へ肌を持ち上げるようなイメージで軽くマッサージをします。美容液をぬったら仕上げにクリームを塗るとより良いでしょう。余った美容液などはデコルテ部分に塗ってもOKです。もったいないのでデコルテ部分のリンパを流すように一緒にマッサージも行いましょう。クリームなどの油分の入った製品でふたをします。夜の場合は美容オイルなどを使用しても良いでしょう。

コメントを残す