10代のクレンジング法|クレンジングの知っ得裏ワザ伝授

10代の肌はピチピチであると思われがちですが、ニキビなどの悩みも多いですしここできっちりクレンジング習慣をつけておかないと、将来のお肌がピンチです。そんな10代向けの正しいクレンジング方法をご紹介します。

まず、落とし残しは絶対にしないようにしましょう。メイクそのものも、クレンジングオイルもです。落とし残しが毛穴に詰まったりすることで、ニキビの原因となります。ただでさえニキビのできやすい年代なので、よく注意しましょう。また、知っ得裏ワザとして挙げられるのが、ぬるま湯洗顔です。引き締め効果のある冷水で洗顔する方も多いですが、これは肌にとって必要な油分まで流してしまうのでやめましょう。

油分が流れるのならいいじゃないか、と思う方もいるでしょう。しかし、そうではないのです。油分が足りないゆえに皮脂が過剰分泌され、ニキビの原因となっているのです。つまり、乾燥を防ぐことが今と将来、両方の肌を見据えた上で大切なポイントです。また、しっかりメイクをした日には蒸しタオルがおすすめです。お風呂の蒸気で温めたタオルを洗顔前の肌にしばらくあてておきましょう。そうすることで、毛穴がしっかり開くため汚れが落としやすくなります。

すると、簡単なクレンジングでもスルッとメイクを落とすことができますよね。クレンジングの際は、絶対に肌をこすったりしないようにしましょう。今は良くても、何十年か後にシミやシワになってしまうことがあります。

コメントを残す