乾燥肌の女性のクレンジング、メイク落としの選び方のポイントについて、有効成分やクレンジング方法を交えて解説します。

乾燥肌の女性がメイク落としするためには、クレンジング剤を使う方法、純石鹼を使う方法、合成界面活性剤を含まないオイルなどの洗い流さない方法があります。乾燥肌の人は、程度に合わせて使い分けることがポイントになります。

乾燥が特に気になる場合には、ポイントメークは、界面活性剤が含まれいないオリーブオイルやホホバオイルなどのオイル系で落とし、他の部位は、合成界面活性剤が含まれていない石鹸などの洗顔剤で軽く洗う程度にすることです。洗い流せないオイルやクリームは、水で流さないため、手間がかかりますが、界面活性作用がない分、角質層への影響は少なくなります。

クレンジング剤を使う場合には、クリームタイプやミルクタイプのように角質層に影響を与えにくいタイプを選ぶようにした方が安心です。一般的なクレンジング剤は、使用感はすっきりしますが、細胞間脂質や天然保湿因子などの保湿成分を洗い流してしまうことになるため、乾燥が気になる人ほど慎重に選ぶことがポイントです。

乾燥がそれほど気にならない場合には、目元などは、ポイント用のメイク落としを最低限使ったり、オイルなどで優しく落とします。他の部位は、ミルクタイプやクリームタイプなどの洗浄力が強くなく、細胞間脂質や天然保湿因子への影響が少ないクレンジング剤や石鹸などを使うようにします。純石鹸は、洗浄力がそれなりに強いですが、ポイントメークなどのメイクは落としにくいため、使い分けが必要です。

コメントを残す