新宿で入れ歯を作るには?

新宿で入れ歯を作るときに気になることはたくさんありますがその一つが治療期間です。これは個人の歯の状態や通う頻度によって異なってきますが、一般的なクリニックだと入れ歯を作って使いこなせるまでは2ヶ月が目安です。これは通うクリニックによって方針が違っていて同じようなものを作っても期間は異なります。

このとき多忙なので新宿でも少し通っただけですぐに作ってもらえる病院が良いと考えしまいがちですが、歯の状態は一人ずつ違うので精密検査をしてから噛み合わせなども確認していくことが重要です。出来る限り時間をかけて歯を調べて入れ歯の型取りに時間をかけてくれるほうが良いクリニックです。

折角作ってもぴったりと合ってないと上手く噛むことが出来ずに作り直しになって無駄になります。じっくりと最後まで取り組んでくれるクリニックのほうが安心です。

主に二つの種類があり歯が全てないと総入れ歯、歯が残っているときは部分入れ歯になります。人口歯もレジンプラスチックやセラミック、メタルなどがあり歯ぐき部分の床の作り方や材料も異なっていて種類も豊富です。保険適用から精密に作ると保険外になります。保険外だと金属床義歯やアタッチメント義歯、インプラント義歯などがあります。

治療の流れもクリニックによって違いますが、基本的に初診でこれまでの治療暦や悩みを相談してから検査などを行ないます。腔内の検査とレントゲン撮影、顎模型を作って希望を取り入れながら歯科技師が治療計画を立てます。

歯やあごの粘膜の型ととって、歯の上下や水平な位置関係を確認して噛みあわせを調整し、試作品で歯並びや歯の見え方など出来上がり状態を確認してから最終敵に入れ歯を完成させます。後は、実際に使いながら調整を行い違和感がないようにしていきます。新宿 入れ歯

 

 

コメントを残す